毛を抜いたらできるブツブツ!対策や治療法をご紹介!

毛を抜くとできるブツブツはどうしたら良い?治し方や対策は?

ムダ毛の処理の定番といえば、毛抜きを使う方法ですが、この方法で肌荒れを起こしたり、ブツブツができてしまうこともありますよね。
夏は汗をたくさんかく季節ですので、ブツブツなどの肌荒れは特に不快に感じるものです。
そこで毛を抜くとできてしまうブツブツ等の症状の対策や治療法についてお話しいたします。

 

なぜ毛を抜くとブツブツができるのか

毛抜きでムダ毛を処理すると、その後ブツブツができてしまう症状に悩まされる方も少なくないはずです。
それではなぜブツブツができてしまうのでしょうか。
ムダ毛の処理として毛抜きを使う方法は、基本的にはNGなんです。
皮膚に与えるダメージが大きく、炎症を起こしそこからバイ菌が入ってしまうこともあるので注意が必要です。
ブツブツには赤くなるものや黒く見えるものもあります。
赤いものは毛穴の炎症が原因と考えられます。
黒く見えるものは、毛を抜いたときに、完全に抜けておらず埋没している状態と考えられます。
それを無理矢理引き抜こうとすると毛穴のダメージがさらにひどくなりブツブツが悪化することがあるのでさらに注意しなくてはなりません。
毛穴に細菌が入ってしまうと体臭がひどくなることもあるので、臭いのストレスも出てきてしまいますから、毛抜きで無理に処理をしようとするのはおすすめできません。

 

抜毛のブツブツ対策

ブツブツになってしまう原因についてご説明しましたが、それではできてしまったブツブツはどのように対策したらいいのかをお話します。
赤いブツブツは、炎症を起こしている可能性が高いですから、冷やして炎症を抑えることが大切です。毛を抜いたことで、毛穴が開いている状態ですから、保湿などのスキンケアも必要になってきます。
バイ菌による炎症も考えられるので、肌を清潔に保つことを心がけると良いですね。
黒いブツブツは毛が埋没していることが多いので、この場合は、無理に引っ張り出さずに保湿を繰り返して炎症が治まるのを待ってから、電気シェーバーなどで剃ると良いですね。
時間がかかってしまいますが、肌のダメージが少ないのでおすすめの対策です。あまりに気になるようであれば、自分で処理せず皮膚科を受診しましょう。

 

もしもブツブツができてしまったら

ブツブツができるのは、肌の状態や毛の抜き方、体質などにも影響されるそうです。繰り返しブツブツができるようでしたら、毛抜きで処理するのではなく、思い切って脱毛してみてはいかがでしょうか。
エステで脱毛することもできますし、最近は自宅でセルフ脱毛できる機器もたくさんあります。
エステを利用する場合は、1ケ月前には毛抜きを使うことをやめておきましょう。
ブツブツは、毛抜きなど自分に合っていないムダ毛処理を長年続けたことによるものが多いので、改善するには毛を抜くのをやめることだけで改善していくことも多いようです。
そして、冷やして炎症を抑える他にも豆乳ローションも効果が期待できるそうですよ。

 

無理に毛を抜くことは、肌に大きなダメージを与えてしまいます。注意して使うことが大切で、肌に合わないようであれば処理方法を変えてみることが完治への第一歩です。悪化してしまったときは、放置せずに専門医に相談してみてくださいね。