カミソリ負けはなぜ起こる?対処法とは?

カミソリ負けの対処法は?おすすめの対処法をご紹介!

梅雨が明けたら夏本番!この季節、肌の露出が増えるのでムダ毛のお手入れは必須ですね。
でもカミソリ負けして、お肌が荒れてしまう人も多いのではないですか?

 

カミソリを使ってムダ毛の処理をするのが一番簡単ですが、カミソリ負けしてしまうのは困りますよね。
そこで、ムダ毛の処理でカミソリ負けしてしまう理由やオススメの対処法などをご紹介したいと思います。

 

カミソリ負けの原因

カミソリ負けの直接の原因としては、カミソリの刃が肌に負担をかけているということにあります。
カミソリの刃が肌に与える負担は思っている以上に大きく、不衛生なカミソリを使うと傷ついた肌がバイ菌によって炎症を起こしてしまいます。

 

カミソリの種類にもよりますが、月に2回くらいは、新しい刃に変えた方が衛生的です。
また、毛の量が多いと同じところを何回も剃ってしまいがちなので、肌に負担がかかりカミソリ負けの原因となることもあります。
カミソリの刃は清潔にして、同じ個所を何回も剃らないように気をつけた方が良いでしょう。

 

そして、毛の流れに逆らって剃る方が綺麗に剃れるのですが、これもカミソリ負けの原因になり、赤くなったりヒリヒリしたり、湿疹のようなものができてしまうこともあるので、注意が必要です。

 

カミソリ負けが起こりやすい方

  • 肌が弱い敏感肌の方
  • ムダ毛の量が多い方
  • 毛が濃い方

また色白の方も炎症が目立ちやすいので注意が必要です。

 

さらにカミソリ負けはしたことないのに、今回だけどうして?という方もいるかもしれません。

 

それは、肌が乾燥しているときに剃ってしまったり、その日の体調も関係してきます。
そのため、カミソリの刃を清潔にしていても起こってしまうこともあるので、体調、肌の調子をみてから処理するのがおすすめですね。

 

カミソリ負けの原因まとめ

  • 不衛生なカミソリ
  • 毛の流れに逆らって剃る
  • 乾燥している肌に使う
  • カミソリを使いすぎる

 

おすすめのカミソリ負け対処法

カミソリ負けしてしまうと、治すのに時間がかかることもあります。
対処法は、カミソリ負けの原因によって少しずつ違うのですが

 

カミソリを使用して炎症を起こしたり、かゆみが出てしまったときは、冷やすことが効果的です。
湿疹が出てしまった場合は、オロナイン軟膏のなどの塗り薬を早めに塗った方が良いですね。
乾燥している場合はツッパリ感もあるかもしれませんので、保湿することも効果的です。

 

また、カミソリ負けしやすいと分かっているようでしたら、処理方法を除毛クリームや脱毛に変えてみるのもおすすめしたい方法です。
肌に負担をかけにくく、肌に優しくカミソリで剃る方法としましては、肌やムダ毛全体を濡らし、肌にオイルやシェービングフォームを付けてから、毛の流れに沿うようにカミソリの刃を当て剃るのがおすすめです。
必ず清潔なカミソリを使ってください。
処理が終わりましたら、肌を冷やしてたっぷり保湿し炎症に対処することが大切です。

 

それぞれのメリット・デメリット

カミソリ負けをしないためには、ムダ毛の処理はカミソリではなく、除毛クリームや脱毛に変えた方が良いと思いますが、カミソリを使用してムダ毛を処理する方が多いのも事実です。
それぞれのメリットやデメリットについて考えていきたいと思います。

 

カミソリでムダ毛の処理をするメリット

  • 手軽に使える
  • 安く手に入るのでコストがかからない
  • 簡単に手に入る

私も3歳の娘がいて子育て中なので、ゆっくり自分のことに使える時間があまりないので、カミソリを使用しています。
テレビのCMでもカミソリを紹介していて、知っているメーカーのカミソリだと安心して使えますよね。

 

カミソリでムダ毛の処理をするデメリット

  • カミソリ負けが起こることがある
  • 子供がいると保管場所に注意しなければならない
  • こまめに刃を変えなければならない

また、簡単に剃れるということはそれだけ切れ味が良いということで、小さいお子様がいらっしゃる場合は、保管場所も注意しないといけません。

 

カミソリは手軽に使えて時間もかかりませんが、最近では自宅で脱毛できる製品も増え、除毛クリームも良いものがたくさんあるそうです。
今のムダ毛のお手入れ方法があっているのかをもう一度考えて、カミソリ負けや肌荒れを起こさない処理方法を探してみてください。