抑毛と脱毛の違いって?私にはどっちがおすすめ?

夏が近づいてくると、ムダ毛の処理をどうしようって悩んでしまいますよね。

 

剃る?抜く?どれが良いのか実はよくわからないという人も少なくないと思います。
そこで今回は抑毛と脱毛の違いなど、詳しくご説明したいと思います。

 

抑毛と脱毛の違いとは?

抑毛(よくもう)とは、美容関係で使われることが多いもので、発毛を抑制する意味があります。
脱毛は、毛根から毛を抜くことを言い、専用のクリームや機器を使って抜くことを脱毛と言っています。ストレスなどが原因で毛が抜けてしまう状態も脱毛といいます。こちらの脱毛は抜け毛にあたります。
つまり、抑毛と脱毛は根本的に意味が違うものになります。
最近では家庭でも使える脱毛機器なども人気で、ムダ毛処理において脱毛処理は、身近なものになってきています。
また抑毛の多くは、毛の成長を抑制して細くし目立たないようするため、脱毛ムースやクリームはこの抑毛に分類されています。毛根に効果的な抑毛成分をつけて少しずつ効果が出るように導びく効果があると言われています。
つまりすぐに効果が出るわけではなく、徐々に抑毛効果が出てくる場合が多いのが特徴です。
店頭でこのことをはっきり区別して表記していないこともあるので、脱毛クリームということで、すぐにムダ毛が無くなると思ってしまい、効果が出ないと、がっかりしてしまうのも、抑毛と脱毛の違いがあまり知られていないからかもしれませんので、使用の際には注意したいところでもあります。

 

抑毛がおすすめな人は?

抑毛の方法には、女性ホルモンに似たイソフラボンの成分を用い、毛の生える周期を遅らせたりして発毛を抑える方法があります。
クリームなどでは肌荒れを起こしてしまう人には、お勧めしたい方法の1つです。
期待できる効果には個人差があるため、完全に生えてこなくなるということではないと、理解しておかなければなりません。
即効性はあまりないので、薄着になる夏本番!になる前から使用するのが良いですね。

 

脱毛がおすすめな人は?

ここで注意したいのは、脱毛も永久的ではないとういうことです。抑毛と同じで効果には個人差があり、完全に毛がなくなるということではないのです。
ではどんな人におすすめできるのでしょうか。
抑毛とは違い、毛根から毛を抜くので、比較的短期間でムダ毛が処理できるので、時間をかけることができない場合は、こちらの方法が効果的と言えるでしょう。しかし、これも永久的ではなく、一時的なものになってしまうことが多いとデメリットも理解してご使用になると良いですね。
また、脱毛効果を長持ちさせたい人や、ご自分で処理するのに不安がある人には、エステなど専門的な知識を持ち扱える場所で、永久脱毛の施術を受けることもおすすめです。
さらに、最近では家庭用の脱毛機器も種類が豊富なのでおすすめです。

 

逆におすすめできない方法としては、毛抜きなどを使い自分で抜くこと。無理に毛根から毛を抜いてしまうため、赤くブツブツなってしまったりするだけでなく、ばい菌が入りやすくなり炎症を起こしてしまい、皮膚トラブルの原因になるので、避けた方が良いですね。

 

抑毛と脱毛の違いを理解するとムダ毛処理でがっかりすることがなくなり、これからの季節、薄着になるのも楽しくなりますよね。